英語で俳句

俳句の英訳 1

俳句を英語に訳す

 ミント外国語教室のブログ用にこれまで作成した記事を再録しています。

 

 松尾芭蕉の有名な俳句「古池や蛙とび込む水の音」には30通りほどの訳があるそうです。
 蛙が1匹なのか2匹以上なのか。水の音は、蛙が跳び込んだ時の音なのか、水が流れている音なのか、それで訳語が変わってきます。他にも、「古い」をどう訳すか、「とびこむ」をどう訳すかで、微妙に変わってくるのでしょう。
  この俳句に30通りの訳があるなら、他の俳句にだって沢山の訳の可能性があります。どれもが正解かも知れないし、どれも満点ではないかも知れません。でも、俳句を英語に直してみるということは、日本語について考え、日本語と英語の違いについて考え、英語の表現について考えるという素晴らしいチャンスだと思うのです。

 そこで、本日のお題は、

与謝蕪村の名句

「菜の花や月は東に日は西に」にしましょう。

 

まずは、原文の描く世界について考えます。

 与謝蕪村は江戸時代中期の人です。大阪で生まれましたが、各地を遍歴し、最終的に京都に居住し、京都で亡くなりました。

 江戸時代には、菜種油の生産が急増しました。人々の生活パターンが変化し、灯明のための油の消費が増えたためです。大阪は最大の菜種油の集積地でした。菜種油は重要な換金作物でした。

 与謝蕪村のいた関西地域では菜種油の原料となる菜種の生産が沢山行われていたはずです。その情景については、例えば、時代小説の表現を借りてみましょう。

 「いきなり、脳裏に大坂の大川の土手の景色が広がった。一面の菜の花。その黄色い波に溺れそうになって、…」(高田郁 作『みをつくし料理帖 小夜しぐれ』所収 「夢宵桜—菜の花尽くし」)

 あたり一帯に咲く菜の花の黄色に囲まれた(あるいは見下ろしている)作者。春の夕暮が間近にせまる時刻、月が白く東の空から昇っており、太陽は西の空に残っている。そんな状況を詠んだ句です。

では、英語に訳してみましょう。

「菜の花」は、研究社和英中辞典によれば rape blossom です。花畑がひろがっているので、「花」は複数にする必要があります。問題はrapeという語です。rapeには同じ綴り、同じ発音で「強姦」とか「暴行」の意味があります。全く違う語源の語なのですが、それでもrapeを使うには少し抵抗があります。別の語にしたい気持ちがあります。別の語にするならどんな語が可能なのか、考えなければなりません。でも、取りあえずはrape blossomsを使っておきます。切れ字の「や」は感嘆符(!)で処理してみましょう。

 

 「月は東に日は西に」は、the moon is in the east, the sun is in the westで意味は伝わりそうです。

 

1

rape blossoms!

the moon is in the east,

the sun is in the west

 
is は省略できるかも知れません。andを二つの文の間に入れて見たらどうでしょう。

 

2

rape blossoms!

the moon in the east

and the sun in the west

 

rape blossomsの他の言い方を探してみます。

rapeseed flowers (blossoms)でもいけるかも。

そう言えば、キャノーラ・オイルのことを言っているのを思い出しました。

rape rapeseedの代わりに、canola flowers というのはどうでしょうか。

 

最終案

canola flowers

the moon in the east

and the sun in the west

 

 英語の俳句では、文頭を大文字にしないというのが主流なようですので、大文字の使用を避けました。

俳句の英訳 2

 俳句を英訳してみようという試みは、短い英作文の練習のためです。受講生に、和英辞典を引く練習と、和英辞典で見つけた語句をあらためて英和辞典で調べ直すという作業をしてもらうのが目的です。

 英語の構文については、中学レベルを一応と目安と考えています。ですから、題材とする作品は、日本語に直しやすいもの、イメージを思い浮かべることが比較的容易なものという観点で選んでいます。でも、いざ訳し始めると、いろいろな問題にぶつかります。


それでは、本日のお題です。
 

冬薔薇石の天使に石の羽根  中村草田男

 

 中村草田男(19011983)は、愛媛県出身の俳人で、「萬緑(ばんりょく)」という雑誌を主宰していました。

 この句は、角川春樹が編集している『現代俳句歳時記』で見つけたものです。この歳時記では、季語の冬薔薇を、「ふゆに咲く薔薇のこと。冬薔薇という品種があるわけではない。四季咲きの薔薇は冬にも花をつける。冬薔薇は比較的寒さに強く、あたりの枯れ色の中に数輪の花開くさまは、他の季節にはない独特の風趣がある。」と説明しています。

 

 冬薔薇は「ふゆそうび」と読みます。「ふゆばら」と読むこともありますが、この句の場合、575の最初の5音にあたりますから、薔薇を音読で「そうび」と読むことになります。

 「石の天使」は、天使の石像を言っています。冬に薔薇が咲いている場所に、天使の石像がある情景を想像しましょう。そうなると、この場所は、西洋風の庭ということになるのでしょうが、多分、イングリッシュ・ガーデンのような庭園ではないかというのが、クラスの中の多数意見でした。ベルサイユ風の庭園というのに賛成する人はいませんでした。

 

 冬ざれのイングリッシュ・ガーデンに、バラの花が咲いていて、その傍には天使の石像が立っている。天使の羽根は、当たり前のことだが、石でできている。石の羽根であるが故に天使は飛べない。どこか寂しいけれど、バラの花の凜とした美しさが、際立っていますよね。

 

 それでは、和英辞典と英和辞典を取り出して下さい。

 

 まず、「冬薔薇」はどうしましょう?

 「冬」はwinter、「バラの花」はroseですね。「バラの花」は1輪ですか? それともいくつかありますか?

 これには意見が分かれました。では、1つだと思う人は、a rose、沢山ではないかも知れないが、何輪かは咲いていると思う人はrosesにしましょう。

 

 「冬」はどのように組み合わせますか?

 

a winter rose                                        winter roses

a rose in (the) winter                          roses in (the) winter

a rose of winter                                    roses of winter

というところですね。ちょっと待って。インターネットで検索をかけてみると、rose of winter には「椿」の意味があるようですよ。この組合せは避けましょう。

 

 wintertheを付けるかどうかは、微妙な問題ですね。どちらも、語法的には可能だと思いますが…。theが無い(無冠詞の)場合は、冬の寒さの中で、というニュアンスでしょうか。theがあれば、春や夏ではなく冬という季節に、というニュアンスになるのでしょうね。うーん、分かったような分からないような。冠詞の問題は、本当に難しいです。

 

 「石の天使」は、天使(angel)の石像(stone statue)という意味でしょうから、日本語をその順番のままに英訳して、a stone angelにしますか。an angel of stoneも候補に残しておきましょう。

 

 「石の天使に石の羽根」は、「石の天使」が「石の羽根」を持っているという風に考えて動詞のhaveを使うか、動詞を使わず前置詞のwithを使うという可能性もありますね。

 

 a stone wing じゃなくて、stone wings ですよ。翼は普通、2つ付いていますから。

 

 それでは、全部を組み合わせてみましょう。とりあえず、バラの花はいくつかあるという設定にしますね。

 

winter roses!

a stone angel

with stone wings

 

roses in winter!

a stone angel has

stone wings

 

roses in winter!

an angel of stone

with wings of stone

 

 なかなか美しいではないですか。

 

他の組合せ方も試してみて下さい。

俳句の英訳 3

Haiku in English 3

  ——入門英語クラスのための準備ノートから 試行錯誤中

 

バスを待ち大路の春をうたがはず 石田波郷

 石田波郷(19131969)は、愛媛県出身の俳人です。水原秋櫻子に師事し、「馬酔木」の同人となりました。のちに句誌「鶴」を創刊し、主宰しました。

 今回取り上げる句は、初期の代表作の一つで、昭和14年に刊行された第一句集『鶴』の巻頭に掲載されています。

 

 大通りのバス停で、バスを待っている作者がいて、その大通りにも春がきていることを、確信している、といった内容です。上京して間もない頃に作られた句なのでしょう。大路という語に、東京の賑わいを感じます。

 簡単に英語に直せるかと思ったら、予想に反し、かなり難しい。

 

 「待ち」と「疑わず」の2つの動詞の主語は、「私」すなわち作者ということになります。この時制は、現在形にすべきだろうかなどと、ぼんやりと考えながら、試訳を始めます。

 

「バスを待つ」は、wait for a bus

「大路」は、大通りmain streetで良いかとも思いますが、「都大路」というニュアンスがあるようなので、main thoroughfareも可能でしょう。でも、中学レベルの英語をベースにという方針に従ってやはり、main streetにしましょう。busy streetも良いかも知れません。

 

「大路の春を疑わず」は、大通りにも春がやって来たことを確信しているということでしょう。では、春の中のいつの時期なのでしょうね。春爛漫?、それとも早春でしょうか?

「春が来た」なら、Spring has come. Spring is here.

「春が来ている」は、Spring is coming.

 

 ともかく、散文的に訳してみましょう。

 

 Waiting for a bus, I have no doubt about the spring (coming) on a/the main street.

 

 「バスを待ち」は、現在分詞構文でwaiting for a busにしてみました。

 春が、早春ならばcoming を入れるのもありかなと思います。ただ、「バスを待ち大路の…」と続く、「大路」のインパクトも、「春だ!」という感動も薄い感じ。main street の冠詞を、thisに変えたら眼前の状況ということになるかも知れません。

 

「疑わず」を副詞(句)にして、undoubtedlybeyond doubtにするというアイデアはどうでしょうか。

 

waiting for a bus

on this main street, spring has come

undoubtedly

 

初句に分詞構文を使用したので、主節の主語はIじゃなければなりません。これは、却下。

 

waiting for a bus

I have no doubt about

the spring is here in this main street

 

ならば、主語の問題は解決します。

分詞構文を使わないと、どうなるのかな。

 

I’m waiting for a bus

on this main street, where the spring has come

I have no doubt about it

 

何だか冗長ですね。俳句ぽくないです。

その他の試作をあげておきます。いずれも一長一短。

 

I’m waiting for a bus

on this main street, and seeing

the spring has surely come

 

being at a bus stop

on a main street in the spring

I have no doubt about its presence

 

a bus is coming on a main street

where the spring is coming

undoubtedly!

 

at a bus stop

I surely see the spring

in this busy street

お問い合わせ